FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねこのて考察

たまにはポケモンのゲームの内容ネタでも書こうかと。

今回は「ねこのて」という技の話です。

書いてたら長くなりました!(笑)

▼もくじ
1章 「ねこのて」の効果
2章 「ねこのて」の仕様
3章 「ねこのて」で選ばれる技と選ばれない技
4章 「ねこのて」でやりたい事
5章 「ねこのて」とコンボ
6章 「ねこのて」データ

line1

1.「ねこのて」の効果

まず、ねこのての効果ですが、

”自分の手持ちポケモンの技をランダムに1つ繰り出す。 ”

というもの。

ランダムに出すというところが、メジャーな「ゆびをふる」と似ていますが、
似て非なるものです。

「ねこのて」は選ばれる技を操作できます。
知らない人でもすぐ気づくでしょう、手持ちポケモンの技をそもそも限定すれば良いのです。

つまり、

 1匹目 ねこのてを覚えたポケモン
 2匹目 「はかいこうせん」しか覚えてないポケモン
 3匹目 「はかいこうせん」しか覚えてないポケモン

という状態で、ねこのてを使うと確実に「はかいこうせん」が出るわけですね。

line1

2.「ねこのて」の仕様

次に、ねこのてを使う上で知っておくべき仕様をお話します。

まず、公開情報から、

 タイプ … ノーマル
 分類 … 変化
 PP … 20

次に非公開情報

 A.伝説ポケモンの技を含め「例外を除いて」ほぼ全ての技を選ぶ
 C.「ねこのて」を使うポケモン自身の技は選ばれない
 B.バトルに出場していないポケモンからは選ばれない

知っておくべき仕様はこのあたりでしょうか、その他細かいところは最後に記載します。
特にAがキモで、ねこのての全てであるともいえます。

それについて詳しくお話しましょう。

line1

3.「ねこのて」で選ばれる技と選ばれない技

さて、選ばれる技ですが、これについては「ほぼ全て」と言ってよいでしょう。
意味のない「はねる」から、ルギア専用技の「エアロブラスト」、配布技の「おいわい」や「ハッピータイム」まで
何でも対象になります。

逆に選ばれない技ですが、こちらは数えるほどしかありません。

 ★選ばれない技一覧
  さきどり、しぜんのちから、ねごと、ねこのて、へんしん、みちづれ、ゆびをふる
  おしゃべり、わるあがき
  オウムがえし、スケッチ、まねっこ、ものまね
  ギフトパス、すりかえ、トリック
  どろぼう、ほしがる
  てだすけ
  こらえる、まもる、みきり、よこどり
  いかりのこな、このゆびとまれ
  フェイント
  きあいパンチ
  カウンター、ミラーコート
  ともえなげ、ドラゴンテール
  ※無敵ターンつきのタメ技(あなをほる、そらをとぶ、シャドーダイブ、など)

 以上、一部ポケモンwikiより引用。

恐らく、選ぶと処理がややこしい事になる事や、対戦バランスの面で
選ばれない技が決められているんでしょうね。

ですが、ねこのてで戦う上では、
この選ばれない技が非常に大切になってきます。

例えば、強力な技である「キノコのほうし」を選び、
相手を眠らせて勝つパーティを考えたとします。

「ねこのて」を使うポケモン以外は「キノコのほうし」以外の”選ばれる技”を覚える事ができません。
もし”選ばれる技”を覚えさせてしまうと、キノコのほうしが選ばれる確率が下がってしまいますから。

でも「キノコのほうし」だけでは攻撃できません。

例えば、

 1匹目 ペルシアン … ねこのて、じゃれつく、おんがえし、イカサマ
 2匹目 キノガッサ … キノコのほうし
 3匹目 パラセクト … キノコのほうし

このようなパーティではペルシアンは有利に戦えますが、
その他2匹は相手を眠らせる事しかできず、ペルシアンに頼る事になってしまいます。
これでは、勝つ事は難しいでしょう。

では、どうするのか?

そこで、選ばれない技の出番となります。

 ★「きのこのほうし」パーティ(暫定)
 ペルシアン … ねこのて、じゃれつく、おんがえし、イカサマ
 キノガッサ … キノコのほうし、きあいパンチ※、まもる※
 メタモン … へんしん※

※印のついた技が選ばれない技です。
ペルシアン以外の2匹のポケモンは「キノコのほうし」以外の選ばれる技を覚えていません。
こうすることで確実にキノコのほうしを選ぶ事が可能になります。
それでいて、他のポケモンもきあいパンチやへんしんを使って十分に戦う事が可能ですね。

さて、ここまでで、基本的なねこのての使い方ついてはお話しました。
ここからは、より実践的にねこのてで戦う(遊ぶ)方法についてお話します。

line1

4.「ねこのて」でやりたい事

さて、ねこのてがどういうもかについては、分かっていただけたかと思います。
ここからは実際にどういう事ができるのかについてお話しましょう。

ねこのてで何をやるか?
何をやれば強い(面白い)のか?

それは、「普段使わない技」ここに全てがあります。

普段使わない技とは?
存在はするがバトルではめったに使われる事のない技ですね。
そのほとんどが「伝説のポケモンしか覚える事ができない技」です。
これを使えば間違いなく面白い(強い)でしょう。

「じゃあ、伝説ポケモンをパーティに入れるってこと?」

そう思われるかもしれませんが、違います。

1匹だけ、伝説ポケモンの技を技を自由に使えるポケモンがいます。
ある程度バトルをやってる方はご存知でしょう。

そう、唯一スケッチを覚える”ドーブル”です。

ドーブルを使う事でゲーム上に存在する全ての技をねこのてで選ぶ事が可能になります。
そう、ねこのてのカギはドーブルが握っているのです。

ポケモンの世界では、覚えるポケモン自身では100%の実力を発揮できない技が
多数存在しています・・・。

それらを、選び、使いこなす。

ねこのてパーティの真価はそこにあります。

さて、では、どのように技の実力を発揮させるのか次の項でお話しましょう。

line1

5.「ねこのて」コンボ

コンボ(Combo)
コンビネーション(Combination)の略語で、集合体、組み合わせなどの意味を持つ英語。
ゲーム用語において、一繋がりの連続攻撃など、まとまったゲーム的成功を連続させることをコンボと呼ぶ。
 ―――ニコニコ大百科より引用

どうやって100%の実力を発揮するか?
ありていにいうと”コンボ”を組むわけですね。

コンボを組む事で、100%どころか、200%、いや1000%もの実力を発揮する事が可能となる!
そう言っても過言では無いでしょう。

どんなコンボが組めるのか?

ひとつの技を例に説明しましょう。

 Vジェネレート
 タイプ:ほのお 威力:180 命中:95
 追加効果として、自分のぼうぎょ・とくぼう・すばやさが1段階ずつ下がる。

使ったことあるでしょうか?
Vジェネレート、ビクティニやレックウザだけが覚える技で、威力180と強力な反面、
3つものステータスが下がってしまうデメリットを持っており、非常に扱いづらい技です。

この技をねこのてで選びます。

「強いけど、デメリットがあるんでしょう?」

と、思われるかと思いますが、そこでコンボを組むわけです。

パッチールという、ねこのてを覚えるポケモンがおります。
彼の特性は、ご存知でしょうか?

 あまのじゃく
 能力変化のアップダウンが逆になる。

カラマネロなんかが有名ですよね。
ばかじからの追加効果で下がる攻撃と防御が、あまのじゃくの効果で
逆に上がっていくという、非常な強力なコンボを成立させています。

つまり、

あまのじゃくパッチール+Vジェネレート

ここまで言えばお分かりになるでしょう。

この2つを組み合わせる事で、威力180の技を打ちつつ、
防御/特防/素早さ が1段階づつ上がっていくポケモンが生まれるわけです。

 ★Vジェネパッチール パーティ
 パッチール(あまのじゃく/たべのこし) … ねこのて、まもる、どくどく、アンコール
 ドーブル(テクニシャン/タスキ) … Vジェネレート、カウンター※、ミラーコート※、フェイント※
 メタモン(かわりもの/せんせいのツメ) … へんしん※

例に、こちらが私が実際に使っているパーティです。

今回はVジェネレートを例にお話しましたが、
このような組み合わせは多種多様に存在します。

「ねこのて」で使う技と、ねこのてポケモンの「特性」や「覚える技」とを組み合わせ
本来の技の何倍もの実力を発揮させる・・・

そういった組み合わせを探しだすのも「ねこのて」の楽しさのひとつだと言えるでしょう!

さて、今回のお話についてはここで終わりです。

何となくでも面白さが伝わりましたでしょうか?
伝わっていればとても嬉しいです。

最後の章に、自分用のメモも兼ね、ねこのてのデータを書き留めておきますね。

line1

6.「ねこのて」データ

A.「ねこのて」を覚えるポケモン

ペルシアン 【タイプ】ノーマル 【特性】じゅうなん、テクニシャン、きんちょうかん
スリーパー 【タイプ】エスパー 【特性】ふみん、よちむ、せいしんりょく
オオタチ 【タイプ】ノーマル 【特性】にげあし、するどいめ、おみとおし
エネコロロ 【タイプ】超ノーマル 【特性】メロメロボディ、ノーマルスキン、ミラクルスキン
パッチール 【タイプ】ノーマル 【特性】マイペース、ちどりあし、あまのじゃく
ゴウカザル 【タイプ】ほのお・かくとう 【特性】もうか、てつのこぶし
ブニャット 【タイプ】ノーマル 【特性】あついしぼう、マイペース、まけんき
マニューラ 【タイプ】あく・こおり 【特性】プレシャー、わるいてぐせ
レパルダス 【タイプ】あく 【特性】じゅうなん、かるわざ、いたずらごころ
ニャオニクス♂ 【タイプ】エスパー 【特性】するどいめ、すりぬけ、いたずらごころ
ニャオニクス♀ 【タイプ】エスパー 【特性】するどいめ、すりぬけ、かちき

B.ねこのてで選ばれない技

▼コピー系
オウムがえし、スケッチ、まねっこ、ものまね、へんしん
ゆびをふる、ねごと、ねこのて

▼持ち物操作
ギフトパス、すりかえ、トリック

▼防御技
こらえる、まもる、みきり、よこどり

▼味方サポート技
いかりのこな、このゆびとまれ、てだすけ、たたみがえし

▼先制技
フェイント

▼攻撃技
さきどり
ともえなげ、ドラゴンテール、きあいパンチ
カウンター、ミラーコート
どろぼう、ほしがる
おしゃべり
しぜんのちから(≒トライアタック)
みちづれ
わるあがき
無敵ターンつきのタメ技(あなをほる、そらをとぶ、シャドーダイブ、など)

C.「ねこのて」の細かい仕様
・伝説ポケモンの技を含め「例外を除いて」ほぼ全ての技を選ぶ
・バトルに出場していないポケモンからは選ばれない、「ねこのて」を使うポケモン自身の技は選ばれない
・マルチバトルで別プレイヤーの技は選ばれない
・ダブルバトルで「へんしん」や「ものまね」で場の仲間の技が変化すると、合わせて選ぶ技も変化する
・技が選ばれるまでの仕様(優先度など)は「ねこのて」に依存、発動後は選ばれた技に依存
・めざパはねこのてポケモンに依存
・アンコールは出す事の出来ない技において失敗する(ねこのてポケモンが覚えていない技など)
・ものまね、スケッチを受けた場合、ねこのてをコピーする

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

こーと

Author:こーと
面白い事が大好きな趣味人。日々の中でネタを探して生きております。
ポケモンのオフ会の開催などもやってます。

最新記事
Twitterはじめました
最新コメント
カテゴリ
リンク
★新宿ポケオフ 告知ブログ

★モンコレ WIKI

★夢見が丘<トレード掲示板>

★モンコレ・モトネタ集

★戦慄迫る日々blog
牙と鎖さんのページ

検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。