FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドチザメを釣ってみた、でもって食べてみた

こんにちは、久々の日々ネタです!

さいきん、どうしても食べたい食材があったんです。

それは、「サメ」

250px-Banded_houndshark_osaka.jpg
(wikipediaのドチザメ項から借用)


「ドチザメ」というサメが、東京湾岸で手軽に大きなサイズで釣れ、
かつ、身はタイのようで、新鮮であれば臭くもなく美味しいという。

釣ってみたい!
んでもって、食べてみたい!

というわけで行ってきました。


9月。すっかり季節は秋に移り、ちょっと肌寒いくらいの今日このごろ。
長袖シャツに釣りジャケットをひっかけて、いざ大黒へ!

午前中に用事があったため、昼過ぎから日没までの夕まずめ狙いで向かいます。

途中の魚屋で、餌としてサバとシャケの切り身を買う。200円なり。イソメより安いじゃん!

電車とバスで、最近のホームグラウンドである大黒海釣り施設へ、

 ・・・

途中でバスを5分乗り過ごして泣く泣くタクシー使ったり(1時間に1本しかないのだ!)、
「入場制限中!」の看板に怯えたりしつつも(サバの群れが来てるらしいのだ・・・)、

何とか入場に成功!

IMG_20140923_170247.jpg

時間は17時頃、閉場まであと2時間!

場所を取り、早速仕掛けを準備します。

仕掛けは↓こんな感じ

P1030684.jpg

【ロッド】7フィートくらいの硬めのシーバスロッド
【リール】太めのスピニングリールにPE1.5号を巻き巻き(シーバス用の流用)
【仕掛け】サルカン~フロロ6号~おもりナス6号~フロロ6号~タイ針13号

サメ用の仕掛けなんて売ってなかったんで、お店で一番頑丈そうな針を探して構築。
針以外は全部流用の自己流というテキトー仕様(ひどい


さてさて、この仕掛の先に切り身をつけて、っと
鯖釣りさんたちの隙間からちょいとごめんよして・・・大遠投おりゃあ!


念のため、竿を持って行かれないよう、ドラグをゆるめて置き竿。
あとは待つだけ~~~~


待つこと10分少々、アタリの気配無し。

満潮の前後で良い頃合いではあるのですが、風が強く大荒れ、
仕掛けも流されちゃってます。

「これじゃだめかなー?」は思いつつも、練習がてら場所をちょこちょこ変えつつ
何度かトライしていきます。

18時すぎ、すっかり暗くなるまで投げて、分かったこと、

・切り身は塩漬けにしないと針から外れやすい、でも皮に刺せば長持ちする
・針を切り身の端に刺しちゃうと、回収時にルアーみたく回転がかかって糸が絡りやすい
 (この現象を勝手に切り身スクリューと名づけます!)
・切り身は風にも潮にも流されやすい、オモリはかなり重めがいい
・流れが少ない場所がいい

IMG_20140923_180311.jpg

そんなこんなで18時ちょいすぎ、それまでに一度アタったもののラインブレイク・・・
糸が傷んでいたのか、引きずられてスレたのかわかりませんが、即バレです。

ささっと仕掛けを再構築して、同じ場所にもう一投!


しばらく待つと18時半頃、
「ガリガリガリガリ」とドラグから勢い良く糸が出始めました。


きたーーっ!まってたよーーーーーー!


根がかりしてんのか?ってくらいの重い抵抗!
仕掛けが壊れないように慎重に巻いていきます。
水面で暴れる!暴れる!


疲れたのかおとなしくなってきたタイミングで、
近くのヘチ師さんにタモをお願いし、なんとかキャッチ!

はい。こんばんは

IMG_20140923_190522.jpg


狙い通りのドチザメ。測った所80センチ。
1メートル届きませんでしたが、十分にデカイ!

ヘチ師さんにお礼を言い、早速シメて下処理をしておきます。

『サメは内蔵が臭い』と聞いていましたが・・・ほんとに臭い!

「真夏に3日放置した魚ゴミの臭い」といえば伝わるでしょうか。

猛烈な臭いです。
これは自宅で処理をしなくて正解ですわ。

処理をしたら、ビニールでくるんで、クーラーボックスにツッコミそそくさと撤収します。
氷は買えなかったので、保冷剤ペットボトルのお茶二本(ぇー

line1

さて、ところかわって自宅。


釣ってきたサメ!

IMG_20140923_211837.jpg


自宅に持ってくると、初めて大きさを実感できますね・・・

あ、顔が思ったよりかわいい。

IMG_20140923_211859.jpg


鮮度が命と聞いているので、夕食に食べるべくソッコー捌いていきます!

腹あらいーの、三枚におろしーの、ヒレとりーの、皮はぎーの、

サメは軟骨なのでさくさく包丁が通り、簡単におろせました。これは楽ちん。
皮をはぐのがちょっと大変だったくらいでしょうか?鮫肌じょりじょりじょり・・・

はい、コチラさばいてみた半身です。

IMG_20140923_215548.jpg


こうなっちゃえばただの魚肉ですね、
噂で聴いていたとおり、タイのような綺麗な身をしてます。

捌いて分かったことですが、お腹まわりはゼラチン質豊富なプルプルの肉質で、
背周りはタイのような魚肉、と完全に分かれてるみたいですね。

お腹周りは揚げ物など火を通す料理、背周りは刺し身、
と使い分けるのがよさそうです。

とりあえず、フライと刺し身にしてみました。


まずは、フライ!

IMG_20140923_221644.jpg


ひょいぱく、美味しい!
新鮮のおかげか臭みはまったく感じません。

アジみたくふつーの白身魚のフライですね、肉厚で嬉しい。
ソースかけるとご飯がすすむすすむ!


んでもって、刺身!

IMG_20140923_220225.jpg


刺身はフグのようにしまって、かつ繊細な味です。

わさび醤油やしょうが醤油では、身が薬味に負けてしまう・・・

てなわけで、フグ刺のようにポン酢で食べてみたところ、これが最高に美味しかった!
もうこれフグ指しの代用品でよくね?


line1

ごちそうさまです。

結論。

新鮮なドチザメは美味しい!


釣るのも手軽だったし、この魚は大変宜しい。
食べたくなったらまた釣ることにします!


さめ

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

こーと

Author:こーと
面白い事が大好きな趣味人。日々の中でネタを探して生きております。
ポケモンのオフ会の開催などもやってます。

最新記事
Twitterはじめました
最新コメント
カテゴリ
リンク
★新宿ポケオフ 告知ブログ

★モンコレ WIKI

★夢見が丘<トレード掲示板>

★モンコレ・モトネタ集

★戦慄迫る日々blog
牙と鎖さんのページ

検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。